--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-25

【大阪:天六ガス爆発事故】

私が小学1年生で、今では大阪市北区として統合された大淀区
がまだ存在した頃、この事故が発生した。

私の中で今でも鮮明に思い出として残る、天六ガス爆発事故
同級生の中にも犠牲者が出たその事故は、強烈な印象として
私の中に深く刻まれています。



1970年(昭和45年)4月8日(水)、ピカピカの1年生であったその頃、
自宅から徒歩で15分程の職場で勤めていた父親の帰りを待って
父親と一緒に銭湯へ行って帰宅し、確か夕方の6時前くらいだった
と思うが、用意されてた夕飯を食へる直前に、まるで地震のような
揺れと共に、水屋(食器棚)がガタガタと音を立てて揺れた・・・・・・・

今でも鮮明に覚えているその日の夕食は、私の大好きな鉄人28号
のプラスチックの皿に盛られたカレーライスであった。
ただの地震か・・・と思い、皿に盛られたカレーライスを食べ始めて
直ぐ、けたたましい消防車救急車のサイレンが周囲に鳴り響き、
単なる地震などではない事が判断出来た。

1回目の揺れを感じてから、30分もたっていなかったように記憶するが、
2回目の爆発となる、二次災害が発生した・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の同級生含め、一回目の爆発で集った群衆により、犠牲者の多
はこの二次災害集中する結果となったようである。

事故現場となる天六から都島へと続く、現在の谷町線のルート上
から子供の足で歩いて10分以上もかかる上、私の父親が絶対
野次馬根性で近づかぬ方が良しと判断した為、実家の物干し台
(木造3階)から、既にテレビのニュースで報道され始めた状況から
判断し、天六方向を父親と眺めてたところ、物凄い黒煙で空が黒ず
んでいたのが、今も実に印象的である。

野次馬として近づき、2発目の爆発に遭遇し、運良く助かった同級生
の話によると道路脇に集る群衆の後ろから、現場を覗こうとしていた
ところ、ドカンという音と鈍い地響きと共に、自分の前に並んでいた
大人達が悲鳴と共に、自分の方へ将棋倒しの様な状態で倒れかかり
恐らく血液や体液であろうのよう様なものがピチャピチャと同時に
振りかかったきたとの事。

一般人である成人男性に助け出された時には、周囲には腕や足・・・
そして何とも判断し難い肉片が飛び散り、自分の上に倒れこんだ人も
殆どが死傷者状態であったらしい。

イケイケドンドンであった高度成長期、そんな活発な世の中の動き
の中で引起された、私の身近な大惨事として今も深く記憶に留めて
いる、死者79名・重軽傷者420名・全半壊家屋26戸・損壊家屋
336戸
となる大事故である。
スポンサーサイト

theme : 大阪
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

nature aqua
プロフィール

StealthOsaka

Author:StealthOsaka

生まれは兵庫、育ちの殆どが
大阪という、ドップリ浪速の
四十半ばのオヤジで御座い。

カテゴリー
Weather

-Weather Com- -FC2-
月別アーカイブ
Google AdSenseⅠ





Blog Ranking
BlogRanking_



FC2_ranking_s

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
【脳速検定】
Google AdSenseⅡ





ブログ内検索
RSSフィード
Link
☆禁煙マイスター
☆四十過ぎてのエクササイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。